イボ

イボについて記事一覧

老人性イボの治し方について詳しくお話していきたいと思います。まず病院での治し方についてです。病院の、皮膚科、または皮膚形成外科に行きます。治療方法は、薬の内服か手術です。手術方法は大きく3つに分けられ、液体窒素をイボにあてる方法、メスや専用のはさみで一つ一つ切開してとる方法、レーザー照射治療の3つです。このうち、液体窒素とメスによる手術は保険の適用範囲内です。レーザー照射治療については、保険適用の...

老人性イボに効く市販薬はあるのでしょうか?調べてみたので良ければ参考にしてください。ただしあくまで市販薬ですので、妊婦さんや持病をお持ちの方は注意書きをよく読んで使用して下さいね。イボに効果があるヨクイニンを錠剤にした、「ヨクイニン錠」という製品がいろんな会社から販売されています。ネット通販は勿論、薬局やドラッグストアでも購入できますよ。ヨクイニン、というのははとむぎから抽出したエキスのことで、漢...

老人性イボの原因について、3つのポイントに絞ってお話したいと思います。首元や顔、胸元に出来る、細かいポツポツしたイボ。とても悩ましいものですよね。でも、ある日気がついたら突然出来ていて、原因があまりはっきりしないものです。まずその原因を3つ書き出しますね。原因は、紫外線、摩擦、加齢、この3つなんです。1つ目の紫外線ですが、肌は毎日、太陽の光と共に紫外線を浴びています。この紫外線で肌にダメージがたま...

老人性イボに木酢液が効くって本当ですか?もし本当ならぜひ試したい!とお考えの方にお勧めの記事です。まずは効果についてお話する前に、木酢液についてお話していきましょう。木酢液って一体何でしょう?木酢液とは、炭を作る時などに木から出来る副産物で、木のエキスです。農薬として使ったり、害虫対策や土壌改良に使われてきました。消臭効果、殺菌効果が高く、民間療法として古くから利用されています。人体には主に、この...

イボコロリで老人性イボを撃退できるかもしれないとお考えの方へぜひ、ぜひとも読んで頂きたい記事です。イボコロリは塗るタイプと貼るタイプとがあり、どちらもイボには効果的ですが。老人性イボには絶対使ってはいけません。イボコロリの説明書はよく読まれましたか。「首などの皮膚のやわらかい部分には使用してはいけない」と書いてありますよ。でも首じゃないし。皮膚もやわらかいっていうけれどそれほどじゃないし。と思われ...

老人性イボは遺伝するという話を聞いたけれど、本当に遺伝するのだろうか?とお悩みの方へ、この記事でお悩みを解決していきましょう。結論から言いますと、老人性イボと遺伝とは無縁ではありません。遺伝的な要素も考えられる、といわれています。しかし、イボの出来る原因の一つとして、肌の加齢があげられます。肉体的な加齢や、肌の加齢は、誰にも止める事ができないものです。80代以上の方にはほぼすべての方に、大なり小な...

うおの目、たこ治療で有名なスピール膏で老人性イボを治したい、とお考えの方にぜひぜひお勧めの記事です。すでにスピール膏を付ける準備が整っているかもしれませんが、少しだけお待ちください。まずはスピール膏がどのようなものなのかについて説明していきますね。スピール膏とは、ニチバンから発売されている、うおの目、たこに効果のある医薬品です。液状の塗り薬から、部位別の絆創膏タイプまで、幅広く販売されています。ス...

老人性イボにお悩みの皆さんに、いつでもできる老人性イボ対策についてお話していきたいと思います。老人性イボが出来る原因については、もう沢山お話したのでご存知の方も多いかと思いますが、もう一度書いておきますね。まずは紫外線によるダメージ、次は摩擦によるダメージ(乾燥なども含みます)、それから加齢、この三つです。無防備な肌が紫外線にさらされることで、肌が紫外線から身を守ろうとして「メラニン」という色素を...

オイルを使ったケアが老人性イボのケアについて最近良いという話を良く聞きます。では今回は、どんなオイルが老人性イボのケアにいいのか、そしてオイルだけで本当にケアは十分なのかについて書いていきますね。まず調べていて一番目に入ったのが、杏仁オイルです。杏仁、とはあんずの種のことです。あんずの種から抽出した有効成分を利用したオイルが、杏仁オイルです。アプリコットカーネルオイル、とも呼ばれています。杏仁(あ...