老人性イボ イボコロリ

イボコロリは老人性イボに使っても問題ない?

イボコロリで老人性イボを撃退できるかもしれないとお考えの方へぜひ、ぜひとも読んで頂きたい記事です。

 

イボコロリは塗るタイプと貼るタイプとがあり、どちらもイボには効果的ですが。
老人性イボには絶対使ってはいけません。

 

イボコロリの説明書はよく読まれましたか。
「首などの皮膚のやわらかい部分には使用してはいけない」と書いてありますよ。
でも首じゃないし。皮膚もやわらかいっていうけれどそれほどじゃないし。と思われた方へ。
「水イボ、老人性イボには使用してはいけない」と書いてあります。

 

それなら、絆創膏があるもの、とまだまだイボコロリを推される方へ。
再び、説明書はよく読まれましたか。
使ってはいけない部分の説明として、「顔面、目の周囲や唇、粘膜など。」とあります。
首などの皮膚のやわらかい部分、とも書いてありました。
イボとは書いてないから老人性イボにも使用できるかもしれない、と一抹の期待を抱かれてもダメなものはダメです。
使ってはいけない部分に「水イボ」「老人性イボ(黒褐色の扁平なイボ)」と書いてあります。

 

調べたところ老人性イボに対して、入浴後に塗ることで効果がある!と仰った方がいらしたそうですが、それはあくまでも一部です。
イボコロリは肌に刺激が強すぎます。
イボが出来ている肌だけでなく、周りの健康な皮膚にまで悪影響を及ぼすかもしれません。

 

どうしてもイボコロリがいい!という方がいらしたら、イボコロリ内服錠をお勧めします。
こちらは飲んで治すイボ治療薬で、塗るタイプとは成分が全く異なります。
ヨクイニン(はとむぎから抽出したエキス)がイボにしっかり体の内側から作用します。
180錠入りで2036円です。15歳以上の大人は、一日に3回、一回に6錠ずつ飲みます。
10日でビンがからっぽになりますが、一か月ぐらいは飲み続けることを考えてください。

 

そんなに待てません!というお声が聞こえたような気がします。
でも、イボはとっても時間をかけて作られたものなんですよ。
紫外線や摩擦などでダメージを受けた肌は光老化という状態になってしまい、新陳代謝が上手にできなくなってしまいます。
そうなると古くなった角質や、肌を守るために生成したメラニン色素を上手に排出することができなくなり、ここで色素沈着が起きるのです。
これを老人性色素斑と言います。シミです。
この弱り切った肌の部分に、古くなった角質が固くなってしぼみ、黒いポツポツとして現れたのが老人性イボです。

 

こんな部分にイボコロリのような強力な薬剤を塗ったら肌はどうなってしまうのでしょう。
確かに、イボはとれるかもしれませんが…イボごと他の皮膚を犠牲にしては意味がないと思います。

 

繰り返しになりますが、老人性イボでお悩みの方には、少しでも安心で安全なものを使って頂きたいのです。
イボに効果のある、楽しみながら使っていただけるイボ対策化粧品も多く販売されています。
ぜひ、ご自分に合った治療法を見つけて下さいね。

 

⇒イボ対策化粧品の詳細はこちら

関連ページ

老人性イボの治し方について、病院から在宅まで一挙大公開です
気になる老人性イボの治し方について、病院から在宅でのケア方法まで、どこよりも細かく公開しています。老人性イボの治し方に迷うことなく、すっきり治療できます。
老人性イボに市販薬が効くって本当ですか?教えて下さい!
老人性イボに市販薬が効くという噂があります。市販薬で本当に老人性イボに効果があるのか、例をあげてひとつずつ詳しくお話していきます。
お悩みの老人性イボの原因、3つのポイントについてお話します。
お悩みの方が多い老人性イボの原因について、3つのポイントに絞ってお話します。原因を知ることで、老人性イボを正しく予防できます。
老人性イボに木酢液が効くって本当ですか?正しいケアを選びましょう
老人性イボに木酢液が効くかどうか知りたい方へお勧めの記事です。顔や首などの老人性に安易に塗るのは危険です。なぜ木酢液に注意がいるのか説明していきます。
老人性イボは遺伝するって本当ですか?
老人性イボが遺伝するのでは、とお悩みの方へお勧めの記事です。老人性イボが遺伝するのかしないのか、この記事でずばっと解決します。
スピール膏は老人性イボに使ってもいいのか?
スピール膏で老人性イボを撃退したいとお考えの方にぜひお勧めの記事です。スピール膏で老人性イボを治すのは危険です。なぜ危険なのでしょうか。
老人性イボの対策方法について
お悩みの老人性イボの対策方法について、日常的にいつでもできる対策方法をお話します。これで、老人性イボの対策はばっちりです。
オイルを使ったケアが有効?老人性イボの在宅ケア方法についてです
オイルを使ったケアが老人性イボに有効なのでは、とお考えの方へお勧めの記事です。どのようなオイルが老人性イボに効果的なのでしょうか。